• ホーム
  • >
  • うきうき泌尿器科ブログ

読書の秋

こんにちは。
看護師の金城です(^^♪

最近朝晩は冷えるようになり
やっと夏が終わった気がしますね。

読書の秋だ!と本を色々と読みあさりましたが、
今年1番は「コタローは1人暮らし」マンガです 笑

4歳児コタロー君のワケあり1人暮らしを描いていて、
笑いあり涙ありです。
ぜひ一度読んでみていただきたい作品です♡


沖縄・泌尿器科ヒルズガーデンクリニック>


2017-11-24 09:15:54   コメント(0)

 

医療費(受信料)の計算について

皆さんこんにちは!
事務担当の喜納です。

皆さんが病気やケガで病院を受診した時に
支払っている医療費ですが、
よくわからないまま請求され、
支払している方は多いかと思います。

医療費の請求は、国が定めて診療報酬の
点数(1点/10円)で、治療行為によって計算されます。

それは、病院や診療所等の大きさ(規模等)によって
点数・算定方法が異なってきます。

例えば、当院であれば診療所なので、
初診料282点・再診料70点・超音波検査(エコー)530点等と
治療に対する点数が決まっています。
(内容によっては、加算もできます)

最近では、領収書と一緒に明細書も
発行していますので、診療内容の点数なども
確認も出来るようになっています。

もし、医療費に関して不明な点がありましたら、
受診した病院の窓口でお気軽にお問い合わせください。

<沖縄・泌尿器科ヒルズガーデンクリニック>


2017-11-30 09:44:52   コメント(0)

 

県立博物館 テオ・ヤンセン展

こんにちは
副院長の前田です。

10月末の台風翌日の日曜日に県立博物館に
行ってきました。
お目当てはTVで紹介されていたテオ・ヤンセン展の
ストランドビーストです。
無機的なプラスチックパイプから作られた骨組みの塊が、
風の力(博物館内では風の代わりの圧搾空気)で
生物的な動きをする姿を実際に目で見てみたいと思い
足を運びました。

その姿や実際の動きは期待どおりの面白さで、
実際に押したりして動かせるビーストも展示されており
子供も大喜びでした。

また展示では、ストランドビーストを生物としてとらえ、
経年劣化で動きが悪くなったビーストを
化石化したビーストと呼び、生き物が進化するように
新しいアイデアをとり入れたビーストが毎年生まれ、
その進化過程が示されているパネルは興味深いものでした。
今後もさらに進化続けるビーストが将来どのような機能を
獲得していくのか楽しみです。



博物館の展示は11/11で終了するようですが、
11/26には県内のビーチで実際に動かす予定があるようです。
チャンスがあれば見に行きたいと思います。

沖縄・泌尿器科ヒルズガーデンクリニック>


2017-11-09 09:20:37   コメント(0)

 

涙が.....。

こんにちは、
看護師の川上です。

先週土曜日、15年ぶりに看護学校の同窓会が
名古屋であって、その日を指折り数えて
楽しみにしていたのに、台風で全便欠航になり
出席できなかったんです。

ラインでみんなの写真が送られてきて、
15年ぶりの人、30年ぶりの人、
懐かしくて一人ひとりの名前を呼んでいるうちに
何故だか涙がでてきました。

みんなに会いたかったー( ;∀;)

次の同窓会は沖縄でやろうねとみんなからのメッセージ。
実現出来ると嬉しい(#^.^#)

沖縄・泌尿器科ヒルズガーデンクリニック>


2017-11-02 09:00:34   コメント(0)

 

他院にて入院中の方の処方について

こんにちは
受付の比嘉です(^ ^)/

今回は、当院を通院している方で、
急な病気や怪我等で他院へ入院された際の
お薬の処方についてご案内します。

入院中、当院で処方されているお薬がなくなった為、
当院で処方して欲しいという依頼が時々あります。

その際は、当院に依頼する前に、
当院で処方されているお薬を処方してもらえないか、
入院されている病院の担当医に依頼して頂きますよう
よろしくお願い致します。

入院している症状内容によっては、当院で処方されている
お薬は飲まないほうが良いという時もあり、
また、入院している病院で同じお薬を処方できること等が
あるからです。

そして、入院中の病院では処方できず、当院で処方するよう
促された際は、
【外来受診証明書】等、入院中に別の病院を受診する為に
必要な書類を入院中の病院より受け取り、
当院を受診するようお願い致しますm(__)m

<沖縄・泌尿器科ヒルズガーデンクリニック>


2017-11-28 11:30:39   コメント(0)

 
1 |  2 Next >> 
バックナンバー
2019年9月(2)
2019年8月(8)
2019年7月(10)
2019年6月(9)
2019年5月(9)
2019年4月(9)
2019年3月(9)
2019年2月(9)
2019年1月(9)
2018年12月(9)
2018年11月(9)
2018年10月(8)
2018年9月(10)
2018年8月(4)
2018年6月(1)
2018年5月(9)
2018年4月(9)
2018年3月(9)
2018年2月(9)
2018年1月(8)
2017年12月(8)
2017年11月(9)
2017年10月(9)
2017年9月(9)
2017年8月(9)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(9)
2017年4月(9)
2017年3月(12)
2017年2月(10)
2017年1月(11)
2016年12月(11)
2016年11月(11)
2016年10月(11)
2016年9月(11)
2016年8月(11)
2016年7月(10)
2016年6月(13)
2016年5月(10)
2016年4月(12)
2016年3月(15)
2016年2月(10)
2016年1月(12)
2015年12月(10)
2015年11月(11)
2015年10月(12)
2015年9月(12)
2015年8月(11)
2015年7月(14)
2015年6月(13)
2015年5月(9)
2015年4月(13)
2015年3月(12)
2015年2月(11)
2015年1月(12)
2014年12月(11)
2014年11月(12)
2014年10月(14)
2014年9月(12)
2014年8月(12)
2014年7月(15)
2014年6月(12)
2014年5月(12)
2014年4月(7)
2012年8月(22)
2012年7月(21)
2012年6月(21)
2012年5月(21)
2012年4月(18)
2012年3月(21)
2012年2月(21)
2012年1月(19)
2011年12月(20)
2011年11月(20)
2011年10月(20)
2011年9月(20)

院長紹介

はじめての方へ

外来診療