学会発表・研究活動について

 

ラジオ

201511月2日~2015年11月27日
琉球放送ラジオ(RBCiラジオ) 「がんじゅうラジオクリニック」 毎週月~金放送,15:50~
前立腺癌・前立腺肥大症・ED・男性更年期障害について

2015年10月27日
ラジオ沖縄(ROK) 「いつかのラジオDAYS」
中年男性に多い前立腺肥大症について

2014年12月16日
ラジオ沖縄(ROK) 「いつかのラジオDAYS」
前立腺肥大症について

2011年10月8,15,22,29日放送
ラジオ沖縄(ROK)「医療ホットライン」
泌尿器科の病気について(前立腺がん、前立腺肥大症、過活動膀胱、勃起障害)

2014年9月1日~2014年9月30日
琉球放送ラジオ(RBCiラジオ) 「健康花盛り」 毎週月~金放送,22:50~
前立腺癌について

2011年7月4日~現在放送中
ラジオ沖縄(ROK)「シッ得!ナッ得!泌尿器科」
毎週月~金放送 13:15~

2011年6月27日~現在放送中
琉球放送ラジオ(RBCiラジオ)「健康花盛り」
毎週月~金放送 20:00~(10~3月は21:00~)

新聞・雑誌

PSA値が上昇、前立腺がんの疑い.週刊レキオ(No. 1636),6,2016年9月1日.

尿の色が濃い、悪い病気?.週刊レキオ(No. 1412),6,2012年4月19日.

ROK医療ホッとライン進行表 (10月:泌尿器科の病気について).那覇市医師會報39(4):64-67,2012.

オンナ大學 熟年世代の性生活、更年期、パートナーシップ 男と女の裏事情 スペシャル対談.Momoto(モモト) Vol.9,102-106,2012.

施設紹介「ヒルズガーデンクリニック」.那覇市医師會報39(3):54-55,2011.

命ぐすい耳ぐすい ED(勃起障害).沖縄タイムス,22,2011年11月22日.

泌尿器異変のサイン、血尿.オキナワグラフ 11月号(No. 596),40-41,2011.

日本、特に沖縄で急増中!前立腺ガン.オキナワグラフ 10月号(No. 595),42-43,2011.

ガン治療の新たな選択肢 高濃度ビタミンC点滴療法.琉球新報,30,2011年9月4日.

ED(勃起障害)は心臓病・脳梗塞の前兆.琉球新報,22,2011年9月4日.

ガン治療の新たな選択肢 高濃度ビタミンC点滴療法.オキナワグラフ 9月号(No. 594),42-43,2011.

前立腺がん検診(PSA検査).週刊レキオ(No. 1378),6,2011年8月25日.

ED(勃起障害)は心臓病・脳梗塞の前兆.オキナワグラフ 8月号(No. 593),38-39,2011.

ヒルズガーデンクリニックが開院.オキナワグラフ 6月号(No. 591),48-49,2011.

登録医紹介.那覇市立病院 地域医療連携広報誌 梯(きざはし) 7月号(Vol. 11),15,2011.

講演会

米納浩幸.前立腺癌骨転移に対する治療戦略 ─基礎研究から臨床へ─.ヤンセンファーマ株式会社・アストラゼネカ株式会社,那覇,2016年7月25日.

米納浩幸.前立腺肥大症に対する夢の治療法!?.日本新薬株式会社講演会,浦添,2016年5月18日.

米納浩幸.過活動膀胱(OAB)について.なでしこフォーラムin沖縄,那覇,2016年4月14日.

米納浩幸.男性の健康が危ない!~知って欲しい中高年の男性医学(メンズヘルス)~ 前立腺がん・男性更年期障害・EDについて.首里・松川班講演会,那覇,2016年3月23日.

米納浩幸.ヒルズガーデンクリニックにおける前立腺癌内分泌療法の現状.アステラス製薬株式会社社内講演会,那覇,2016年1月20日.

米納浩幸.ヒルズガーデンクリニックにおける前立腺癌内分泌療法の現状.武田薬品工業株式会社社内講演会,那覇,2015年11月19日.

米納浩幸.シニア世代に急増している「前立腺がん」 ~前立腺検診(PSA検査)の重要性について~.沖縄県内科医会総会・特別講演,南風原,2015年3月30日.

米納浩幸.シニア世代に急増している「前立腺癌」 ~前立腺検診(PSA検査)で早期発見~.前立腺癌市民公開講座「前立腺癌の最前線」,那覇,2015年1月18日.

米納浩幸.α1受容体遮断薬の今後を考える. ─シロドシンが生き残るために必要なこととは─.第一三共社内講演会,那覇,2014年10月28日.

米納浩幸.前立腺肥大症に対する夢の治療法!?.日本新薬株式会社講演会,宜野湾,2014年9月4日.

米納浩幸.前立腺癌骨転移に対する破骨細胞抑制療法 ─ビスフォスフォネートから抗RANKL抗体へ─.アストラゼネカ社内講演会,那覇,2014年2月21日.

米納浩幸.シニア世代に急増している「前立腺がん」 ~前立腺検診(PSA検査)で早期発見~.第1回ヒルズガーデンクリニック医療講演会,那覇,2012年6月29日

米納浩幸.急増している前立腺がん ~PSA検査で早期発見~.那覇市医師会首里・安里班 1月定例会,那覇,2012年4月10日

米納浩幸.急増している前立腺がん ~前立腺検診(PSA検査)で早期発見~.那覇市医師会首里・崇元寺班 1月定例会,那覇,2012年4月2日

米納浩幸.シニア世代に急増している前立腺がん ~前立腺検診(PSA検査)で早期発見~.アステラス製薬株式会社社内講演会,那覇,2012年3月22日

米納浩幸.前立腺癌骨転移に対する破骨細胞抑制療法 ─ ビスフォスフォネートから抗RANKL抗体へ ─.アステラス製薬株式会社社内講演会,那覇,2012年3月21日

米納浩幸.進行腎細胞癌に対するIL-2 + ゾレドロン酸療法 ─ サイトカイン療法の新たな展開 ─ .腎がん骨転移研究会(テレビ講演会),那覇⇔岐阜,2011年10月5日

米納浩幸.シニア世代に急増している前立腺がん ~前立腺検診(PSA検査)で早期発見~.首里城下町クリニック 第104回 地域むけ医療講演会,那覇,2011年9月27日

米納浩幸.前立腺がん検診について.那覇市医師会首里・松川班 7月定例会,那覇,2011年7月27日

米納浩幸.進行腎細胞癌に対するIL-2 + ゾレドロン酸療法─サイトカイン療法の新たな展開─.イムネース講演会,金沢,2011年1月21日.【特別講演】

米納浩幸.前立腺癌骨転移に対するビスホスホネート療法─破骨細胞抑制から抗腫瘍作用へ─.加賀泌尿器科カンファレンス,小松,2010年9月1日.【特別講演】

米納浩幸.がん骨転移に対するビスホスホネート療法─細胞免疫療法の新たな展開─.第3回Breast Bone Care研究会学術講演会,福岡,2010年8月21日.【特別講演】

米納浩幸.泌尿器癌の骨転移に対する治療戦略─サイトカイン療法の新たな展開─.北部九州腎がんシンポジウム,福岡,2010年8月6日.【特別講演】

米納浩幸.腎癌骨転移に対する治療戦略─ビスホスホネートの新たな展開─.Conference Of Renal Cancer Expert in Aichi,名古屋,2010年7月30日.【特別講演】

米納浩幸.前立腺がん骨転移に対するビスホスホネート療法.久留米Urologic Oncology Seminar,久留米,2010年6月24日.【特別講演】

米納浩幸.前立腺がん骨転移に対するビスホスホネート療法 ─今後の展望 破骨細胞抑制から抗腫瘍効果へ─.第98回日本泌尿器科学会総会,盛岡,2010年4月29日.【教育セミナー】

米納浩幸.がん骨転移に対するビスホスホネート療法.広島 Bone Health Meeting ’10,広島,2010年4月13日.【特別講演】

米納浩幸.前立腺がん骨転移に対するビスホスホネート療法.Urological Cancer Winter Meeting,長崎,2010年2月19日.【特別講演】

米納浩幸.骨転移に対するビスホスホネート療法.骨転移治療セミナー,長野,2010年2月5日.【特別講演】

米納浩幸.病理形態の経時的検討に基づく前立腺がん骨転移に対する治療戦略.第61回日本泌尿器科学会西日本総会,香川,2009年11月7日.【教育セミナー】

米納浩幸.病理形態の経時的検討に基づく固形がん骨転移に対する治療戦略.久留米骨転移治療研究会,久留米,2009年8月28日.【特別講演】

米納浩幸.進行前立腺癌の治療戦略─骨転移に対するビスホスホネート療法─.九州・中国Prostate Cancer Workshop,福岡,2009年8月8日.【シンポジウム・パネルディスカッション】

米納浩幸.病理形態の経時的検討に基づく前立腺がん骨転移に対する治療戦略.Bone Metastasis Seminar in Gife,岐阜,2009年6月4日.【特別講演】

米納浩幸.病理形態の経時的検討に基づく前立腺がん造骨転移に対する治療戦略.佐賀泌尿器がん骨転移講演会,佐賀,2008年10月2日.【特別講演】

米納浩幸.病理形態の経時的検討に基づく前立腺がん造骨性骨転移に対する治療戦略.第73回日本泌尿器科学会東部総会,東京,2008年9月20日.【ランチョンセミナー】

米納浩幸.前立腺癌骨転移に対する治療戦略.武田薬品工業株式会社社内学術セミナー,沖縄,2008年5月30日.【特別講演】

米納浩幸.前立腺がんの造骨性骨転移機序の解明 - 骨転移モデルとPSAを中心に -.第12回前立腺那須フォーラム,宇都宮,2007年9月8日.【特別講演】

米納浩幸.前立腺がん造骨性骨転移に対する治療戦略.沖縄県泌尿器科がん骨転移学術講演会,沖縄,2007年8月11日.【特別講演】

米納浩幸.前立腺がん造骨性骨転移に対する治療戦略.前立腺癌骨転移セミナー,名古屋,2007年6月29日.【特別講演】

米納浩幸.前立腺がん造骨性骨転移機序と治療戦略.Management Forum in Breast Cancer and Prostate Cancer with Bone Metastasis,東京,2007年4月21日.【シンポジウム・パネルディスカッション】

米納浩幸.前立腺癌造骨性骨転移における病理形態の経時的検討ならびに破骨細胞抑制療法の効果について.NOVARTIS学術セミナー,東京,2007年1月30日.【特別講演】

米納浩幸.前立腺癌造骨性骨転移における病理形態の経時的検討ならびに破骨細胞抑制療法の効果について.第1回多摩前立腺癌骨転移研究会,東京,2007年4月18日.【特別講演】

米納浩幸.前立腺がんの造骨性骨転移機序.日本新薬株式会社学術セミナー,京都,2004年4月16日.【特別講演】

米納浩幸.前立腺癌-早く見つけるには-.平成15年度市民公開講座 わかいやっさん前立腺癌,沖縄市,2003年10月18日.

米納浩幸.天皇陛下も罹った前立腺がん-前立腺がん検診の重要性について-.平成15年度琉球大学公開講座 更年期の泌尿器科-尿がもれる,尿の勢いが悪い,トイレが間に合わない,そのすべてを解説-,北大東島,2003年7月12日.

米納浩幸.沖縄県における前立腺がんの疫学的検討~前立腺がん検診の重要性について.泌尿器科疾患研修会,浦添市,2003年3月.【特別講演】

米納浩幸.ヒト成人肺および骨を移植しヒト化したNOD/SCIDマウスを用いたヒト前立腺がんの種・臓器特異的転移モデル.協和発酵工業株式会社医薬総合研究所学術セミナー,静岡,2003年1月.【特別講演】

 

著書

米納浩幸. 4 骨転移病変の診断と治療 1 前立腺癌造骨性骨転移のメカニズム.前立腺癌と男性骨粗鬆症 最新骨管理マニュアル 改訂第2版 (細井孝之,松島常 編),医学図書出版株式会社,東京,2015,137-158,分担執筆

米納浩幸,小川由英,落合淳志.4 骨転移成立・進展の分子メカニズム 2 造骨性骨転移の機序(前立腺癌).癌と骨病変(松本俊夫,福永仁夫,米田俊之 編),メディカルレビュー社,東京,2004,57-65,分担執筆

 

総説

呉屋真人,米納浩幸,斎藤誠一.前立腺癌造骨性骨転移のメカニズム(前立腺癌第2版--基礎・臨床研究のアップデート).日本臨床 69, 638-644, 2011.

米納浩幸,斎藤誠一.前立腺癌造骨性骨転移の成立・進展のメカニズム.臨床泌尿器科 63(10): 759-769, 2009.

米納浩幸.前立腺癌造骨性骨転移における病理形態の経時的検討ならびに破骨細胞抑制療法の効果について.癌の臨床 54(8): 619-625, 2008.

米納浩幸,秦野直.特集 前立腺肥大症のいま - 古くて新しい疾患 TURPの現状と適応.臨床泌尿器科 62(3): 207-212, 2008.

米納浩幸,大堀理,秦野直,橘政昭,呉屋真人,大城吉則,外間実裕,内田厚,菅谷公男,小川由英,安次嶺聡,池原在,前田浩之,落合淳志.前立腺がん造骨性骨転移における病理形態の経時的検討ならびに破骨細胞抑制療法の効果 - 前立腺がん細胞と破骨細胞の関りについて -.西日本泌尿器科 69(4): 209-220, 2007.

米納浩幸,落合淳志,小川由英.悪性腫瘍に伴う造骨性骨転移の病態と成立機序(前立腺癌).Clinical Calcium 16(4): 557-564, 2006.

米納浩幸,斎藤誠一.前立腺癌造骨性骨転移の成立・進展のメカニズム.臨床泌尿器科 63(10): 759-769, 2009.

米納浩幸,小川由英,落合淳志.PSAの造骨作用.臨床検査 47(9): 1005-1010,2003.

米納浩幸,小川由英,落合淳志,丹沢和比古,津田英資.III.骨転移に対する薬物療法のターゲット 3.破骨細胞 2)破骨細胞形成抑制因子.THE BONE 17(2): 175-180, 2003.

 

原著論文

Maeda H, Yonou H, Yano K, Ishii G, Saito S, Ochiai A. Prostate-specific antigen enhances bioavailability of insulin-like growth factor by degrading insulin-like growth factor binding protein 5. Biochem Biophys Res Commun, 381(3): 311-316, 2009.

Yonou H, Nakagami Y, Ozu C, Ohno Y, Horiguchi Y, Yoshioka K, Ohori M, Hatano T, Tachibana M. Prostate-specific antigen stimulates osteoprotegerin production and inhibits receptor activator of nuclear factor-kB ligand expression by human osteoblasts. Human Cell, 21(1): A14, 2008.

Yonou H, Ochiai A, Ashimine S, Maeda H, Horiguchi Y, Yoshioka K, Ogawa Y, Hatano T, Tachibana M. The bisphosphonate YM529 inhibits osteoblastic bone tumor proliferation of prostate cancer. The Prostate, 67(9): 999-1009, 2007.

Yonou H, Horiguchi Y, Ohno Y, Namiki K, Yoshioka K, Ohori M, Hatano T, Tachibana M. Prostate-specific antigen stimulates osteoprotegerin production and inhibits receptor activator of nuclear factor-KappaB ligand expression by human osteoblasts. The Prostate, 67(8): 840-848, 2007.

Yonou H, Ochiai A, Goya M, Kanomata N, Hokama S, Morozumi M, Sugaya K, Hatano T, Ogawa Y. Intraosseous growth of human prostate cancer in implanted adult human bone: Relationship of prostate cancer cells to osteoclasts in osteoblastic metastatic lesions. The Prostate, 58(4): 406-413, 2004.

Yonou H, Yokose T, Yoshikawa T, Kanomata N, Kamijo T, Hasebe T, Nagai K, Ito H, Yamasaki A, Hatano T, Ogawa Y, Emura M, Ochiai A. Engraftment of adult human lung tissue in nonobese diabetic/severe combined immunodeficient mice: a novel lung epithelial regeneration model. Pathobiology, 71(2): 93-102, 2004.

Yonou H, Kanomata N, Goya M, Kamijo T, Yokose T, Hasebe T, Nagai K, Hatano T, Ogawa Y, Ochiai A. Osteoprotegerin/Osteoclastogenesis inhibitory factor decreases human prostate cancer burden in human adult bone implanted into nonobese diabetic/severe combined immunodeficient mice. Cancer Research, 63(9): 2096-2102, 2003.

Yonou H, Aoyagi Y, Kanomata N, Kamijo T, Oda T, Yokose T, Hasebe T, Nagai K, Hatano T, Ogawa Y, Ochiai A. Prostate-specific antigen induces osteoplastic change by an autonomous mechanism. Biochemical and Biophysical Research Communications, 289(5): 1082-1087, 2001.

Yonou H, Yokose T, Kamijo T, Kanomata N, Hasebe T, Nagai K, Hatano T, Ogawa Y, Ochiai A. Establishment of a novel species- and tissue-specific metastasis model of human prostate cancer in humanized non-obese diabetic/severe combined immunodeficient mice engrafted with human adult lung and bone. Cancer Research, 61(5): 2177-2182, 2001.【学位取得論文】

米納浩幸,宮里実,小田正美,宮里朝矩,小川由英,屋良朝雄,平山清武.新生児急性腎不全6例に対する持続的動静脈血液濾過療法(CAVH)の臨床的検討.日本小児腎不全学会雑誌 19: 70-71, 1999.

米納浩幸,宮里朝矩,菅谷公男,小山雄三,秦野直,小川由英.腎移植血管吻合に対するVCS Clipの使用経験.移植 34(2): 78-81, 1999.

米納浩幸,嘉川春生,尾田篤実,長野正史,我喜屋宗久,新村研二,秦野直,小川由英.痴呆患者に対する経尿道的前立腺切除術.泌尿器科紀要 45(4): 241-244, 1999.

 

症例報告

Yonou H, Miyazato M, Sugaya K, Koyama Y, Hatano T, Ogawa Y. Simultaneous bilateral perirenal hematomas developing spontaneously in a patient with polyarteritis nodosa. The Journal of Urology, 162(2): 483, 1999.

米納浩幸,安次富勝博,呉屋真人,宮里実,菅谷公男,秦野直,小川由英.自然破裂を来したAcquired cystic disease of the kidney(ACDK)に合併した腎細胞癌の1例.西日本泌尿器科 61(6): 525-527, 1999.

米納浩幸,呉屋真人,宮里実,宮里朝矩,菅谷公男,小山雄三,秦野直,小川由英.副腎領域に発生した後腹膜神経鞘腫の1例.泌尿器科紀要 45(6): 403-405, 1999.

米納浩幸,呉屋真人,宮里実,菅谷公男,秦野直,小川由英.巨大前立腺肥大症の1例.泌尿器科紀要 45(5): 375-377, 1999.

米納浩幸,名嘉栄勝,宮里実,嘉川春生,宮里朝矩,菅谷公男,小山雄三,秦野直,小川由英.外傷性外陰部剥皮症の1例.西日本泌尿器科 61(5): 476-478, 1999.

 

その他の出版物

米納浩幸.前立腺癌における造骨性骨転移 ~成立・進展のメカニズムに立脚したビスホスホネート療法~.リノ・メディカル社,東京,2010,1-12,監修

米納浩幸,川上理,佐藤威文,深貝隆志.座談会記録 前立腺癌におけるゾレドロン酸の役割と展望 ─臨床的有効性の最大化に向けて─.リノ・メディカル社,東京,2007,1-8,分担執筆

米納浩幸.期待膨らむビスホスホネートの効果.Medical Tribune, 40(38):16, 2007.

Yonou H.Intraosseous growth of human prostate cancer in implanted human adult bone: Relationship of prostate cancer cells to osteoclasts, osteoblasts and stromal cells in osteoblastic metastatic lesions. 2004 Nakayama Foundation for Human Science, 95-104, 2005.

米納浩幸.天皇陛下も罹った前立腺がん ─前立腺がん検診の重要性について─.平成15年度琉球大学公開講座(更年期の泌尿器科) 10-12, 2003.

 

学会発表

米納浩幸,田崎新資,豊里友常,松村英理,安次嶺聡,町田典子,大城吉則,斎藤誠一.破骨細胞形成抑制因子としての前立腺特異抗原(PSA)の作用:前立腺癌造骨性骨転移におけるPSAの役割について.第98回日本泌尿器科学会総会,盛岡,2010年4月29日.

米納浩幸,斎藤誠一.前立腺癌骨転移の病理形態観察に基づくBisphosphonate製剤の投与時期に関する検討.第47回日本癌治療学会総会,横浜,2009年10月23日.【シンポジウム】

Yonou H, Saito S.The Bisphosphonate YM529 Inhibits Osteoblastic Bone Tumor Proliferation of Prostate Cancer.(前立腺癌造骨性骨転移に対するBisphosphonate製剤(YM529)の効果について)第68回日本癌学会学術総会,横浜,2009年10月2日.

米納浩幸,嘉川春生,斎藤誠一.前立腺がん造骨性骨転移と破骨細胞の関わりについて.第97回日本泌尿器科学会総会,岡山,2009年4月16日.

Yonou H, Kagawa H.Prostate-specific antigen stimulates OPG production and inhibits RANKL expression by human osteoblasts.(前立腺特異抗原は骨芽細胞におけるOPG産生亢進とRANKL発現抑制を誘導する)第67回日本癌学会学術総会,名古屋,2008年10月29日.

米納浩幸.前立腺癌骨転移に対する治療戦略.第104回日本泌尿器科学会沖縄地方会,沖縄,2008年5月17日.【シンポジウム】

米納浩幸,中神義弘,坂本昇,小津兆一郎,大野芳正,堀口裕,吉岡邦彦,大堀理,秦野直,橘政昭.前立腺特異抗原は骨芽細胞におけるosteoprotegerin産生亢進とreceptor activator of nuclear factor-B ligand発現抑制を誘導する.第96回日本泌尿器科学会総会,横浜,2008年4月25日.

米納浩幸,小津兆一郎,大野芳正,堀口裕,吉岡邦彦,大堀理,秦野直,橘政昭.前立腺特異抗原(PSA)は骨芽細胞におけるreceptor activator of nuclear factor-B ligand発現抑制とosteoprotegerin産生亢進を誘導する.第10回癌と骨病変研究会,東京,2007年11月17日.【指定演題】

米納浩幸,落合淳志,中神義弘,小津兆一郎,堀口裕,大野芳正,吉岡邦彦,大堀理,秦野直,小川由英,橘政昭.前立腺がん造骨性骨転移に対する新規Bisphosphonate製剤(YM529)の効果について.第45回日本癌治療学会総会,京都,2007年10月24日.

Yonou H, Ochiai A, Nakagami Y, Ozu C, Horiguchi Y, Ohna Y, Yoshioka K, Ohori M, Hanano T, Ogawa Y, Tachibana M. Relationship of prostate cancer cells to osteoclasts in osteoblastic metastatic lesions.(前立腺がん造骨性骨転移における破骨細胞の関わりについて)第66回日本癌学会学術総会,横浜,2007年10月3日.

米納浩幸,落合淳志,中神義弘,小津兆一郎,堀口裕,大野芳正,吉岡邦彦,大堀理,秦野直,小川由英,橘政昭.前立腺がん造骨転移における病理形態の経時的検討 - 前立腺がん細胞と破骨細胞の関わりについて -.第72回日本泌尿器科学会東部総会,札幌,2007年8月31日.

米納浩幸,中神義弘,小津兆一郎,大野芳正,堀口裕,吉岡邦彦,大堀理,秦野直,橘政昭.前立腺特異抗原は骨芽細胞におけるosteoprotegerin産生亢進とreceptor activator of nuclear factor-B ligand発現抑制を誘導する.第25回日本ヒト細胞学会学術集会,東京,2007年8月4日.

米納浩幸,落合淳志,小川由英,秦野直,橘政昭.前立腺がん造骨性骨転移と破骨細胞の関わりについて.第25回日本骨代謝学会学術集会,大阪,2007年7月21日.【シンポジウム】

米納浩幸.前立腺癌造骨性骨転移における病理形態の経時的検討ならびに破骨細胞抑制療法の効果について.第1回多摩前立腺癌骨転移研究会,東京,2007年4月18日.【特別講演】.

米納浩幸,呉屋真人,安次嶺聡,池原在,前田浩之,内田厚,菅谷公男,落合淳志,秦野直,橘政昭,小川由英.前立腺がん造骨性骨転移における病理形態の経時的検討ならびに新しいビスフォスフォネート製剤YM529の有用性について.第95回日本泌尿器科学会総会,神戸,2007年4月15日.

米納浩幸,落合淳志,小川由英,秦野直,橘政昭.前立腺癌造骨性骨転移における病理形態の経時的検討ならびに破骨細胞抑制療法の効果について.第96回日本病理学会総会,大阪,2007年3月15日.【ワークショップ】

米納浩幸,呉屋真人,安次嶺聡,池原在,前田浩之,大城吉則,外間実裕,内田厚,菅谷公男,秦野直,落合淳志,小川由英.前立腺がん骨転移における病理形態の経時的検討ならびに破骨細胞抑制療法の効果 - がん細胞と破骨細胞の関りについて─.第58回日本泌尿器科学会西日本総会,長崎,2006年11月4日.【ワークショップ】

米納浩幸.前立腺がん骨転移に対する破骨細胞抑制療法の可能性.第56回日本泌尿器科学会西日本総会,大分,2004年11月13日.【シンポジウム】

米納浩幸,呉屋真人,小川由英,落合淳志.前立腺がんの造骨性骨転移機序.第63回日本癌学会総会,福岡,2004年9月29日.【ワークショップ】

米納浩幸.前立腺がんの造骨性骨転移における病理形態の経時的検討-破骨細胞の関わりについて.平成16年度琉球大学地域共同研究センター客員教授講演会,沖縄,2004年6月17日.

米納浩幸,前田浩之,呉屋真人,大城吉則,外間実裕,諸角誠人,菅谷公男,秦野直,落合淳志,小川由英.破骨細胞形成抑制因子(OCIF/OPG)は前立腺がんの骨における腫瘍増殖を抑制する.第92回日本泌尿器科学会総会,大阪,2004年4月11日.

米納浩幸,前田浩之,呉屋真人,小川由英,落合淳志.ヒト成人骨を用いた前立腺がん骨転移モデル.第6回癌と骨病変研究会,東京,2003年11月29日.【指定演題】

米納浩幸.前立腺がんの造骨性骨転移機序-前立腺がんの造骨性骨転移にPSAが密接に関与している-.第8回日本外科臨床病理学会,沖縄,2003年11月1日.【ワークショップ】

米納浩幸.Osteoprotegerin/osteoclastogenesis inhibitory factor decreases human prostate cancer burden in human adult bone implanted into nonobese diabetic/sever combined immunodeficient mice.平成15年度琉球大学地域共同研究センター客員教授講演会,沖縄,2003年10月2日.

米納浩幸,小川由英,前田浩之,呉屋真人,落合淳志.前立腺特異抗原(PSA)は強力な骨芽細胞刺激因子である.第62回日本癌学会総会,名古屋,2003年9月27日.

米納浩幸,落合敦志,小川由英.PSAは前立腺がん造骨性骨転移において重要な役割を演じている(PSAは強力な骨芽細胞刺激因子である).第14回前立腺がんワークショップ,東京,2003年9月6日.【ワークショップ】

Yonou H, Maeda H, Hokama S, Morozumi M, Sugaya K, Hatano T, Ogawa Y, Goya M, Ochiai A. Prostate-specific antigen promotes osteoblastic change by activating an osteoblast autonomous mechanism. 98th Annual Meeting of American Urological Association, Chicago, April 28, 2003.

米納浩幸,呉屋真人,島袋修一,前田浩之,宮里実,外間実裕,諸角誠人,菅谷公男,秦野直,落合淳志,小川由英.前立腺特異抗原(PSA)は強力な骨芽細胞刺激因子である.第91回日本泌尿器科学会総会,徳島,2003年4月.

米納浩幸.ヒト成人肺および骨を移植し,ヒト化したNOD/SCIDマウスを用いたヒト前立腺がんの種・臓器特異的転移モデル.第5回癌と骨病変研究会,東京,2002年11月.【指定演題】

米納浩幸,落合淳志,呉屋真人,秦野直,小川由英.ヒト成人肺および骨を移植し,ヒト化したNOD/SCIDマウスを用いたヒト前立腺がんの種・臓器特異的転移モデル.第61回日本癌学会総会,東京,2002年10月.

米納浩幸.ヒト成人肺および骨を移植し,ヒト化したNOD/SCIDマウスを用いたヒト前立腺がんの種・臓器特異的転移モデル.第13回前立腺がんワークショップ,東京,2002年9月6日.【ワークショップ】【前立腺がんワークショップ医学賞 受賞】

米納浩幸.Prostate-specific antigen induces osteoplastic changes by an autonomous mechanis.平成14年度琉球大学地域共同研究センター客員教授講演会,沖縄,2002年7月.

米納浩幸,豊里友常,島袋修一,砂辺毅,外間実裕,諸角誠人,菅谷公男,秦野直,小川由英.沖縄県における前立腺がんの疫学検討.第70回日本泌尿器科学会沖縄地方会,沖縄,2002年5月.【特別講演】

米納浩幸,落合淳志,呉屋真人,林英理,安次嶺聡,宮里実,外間実裕,諸角誠人,菅谷公男,秦野直,小川由英.ヒト成人肺および骨を移植し,ヒト化したNOD/SCIDマウスを用いたヒト前立腺がんの種・臓器特異的転移モデルの確立.第90回日本泌尿器科学会総会,東京,2002年4月.

Yonou H, Ochial A,Goya M,Toyozato T, Ashimine S,Sunabe T,Hokama S,Morozumi M,Sugaya K,Hatano T,Yoshihide O. Prostate-specific antigen induces osteoplastic changes by an autonomous mechanis.第69回日本泌尿器科学会沖縄地方会,沖縄,2002年3月.【特別講演】

米納浩幸,安次嶺聡,砂辺毅,宮里実,外間実裕,諸角誠人,菅谷公男,秦野直,小川由英.下大静脈腫瘍血栓を伴った左腎腫瘍の1例.第22回沖縄県腫瘍治療懇話会,沖縄,2002年1月.

Yonou H. Establishment of a novel species- and tissue-specific metastasis model of human prostate cancer in humanized non-obese diabetic/severe combined immunodeficient mice engrafted with human adult lung and bone.平成13年度琉球大学地域共同研究センター客員教授講演会,沖縄,2001年10月.

Yonou H, Yokose T, Kamijo T, Kanomata N, Hasebe T, Nagai K, Hatano T, Ogawa Y, Ochiai A. Establishment of a novel species- and tissue-specific metastasis model of human prostate cancer in humanized non-obese diabetic/severe combined immunodeficient mice engrafted with human adult lung and bone.第66回日本泌尿器科学会沖縄地方会,沖縄,2001年9月.【特別講演】

 
 

院長紹介

はじめての方へ

外来診療