診療内容について

泌尿器科は腎臓と腎盂、尿管、膀胱、尿道などの尿路と、前立腺、精巣、陰茎などの生殖器の疾患が対象です。
泌尿器科悪性腫瘍(前立腺癌、腎癌、腎盂癌・尿管癌、膀胱癌、精巣腫瘍)、前立腺肥大症、神経因性膀胱、過活動膀胱、尿失禁、尿路結石、尿路感染症、性行為感染症、ED(性機能障害)、男性不妊症、男性更年期障害、小児泌尿器科疾患などが対象疾患です。

血液検査(PSA)を用いた前立腺癌検診を広く実施し、前立腺癌の早期発見に努めています。
限局性前立腺癌に対しては関連施設と連携して、神経温存前立腺全摘術、放射線療法など多くの治療オプションを用意しています。
前立腺癌には、内分泌療法がよく奏功しますが、内分泌抵抗性となった患者さんには新規の抗癌剤を使います。

表在性膀胱癌にはBCG膀胱内注入療法により再発予防に努めています。
手術の対象とならないリンパ節転移を認める膀胱癌患者さんには抗癌剤の治療と放射線照射を併用します。

前立腺肥大症の多くはα遮断剤による薬物療法がおこなわれています。
無効の場合も関連施設と連携して経尿道的前立腺切除術やレーザー手術などできるだけ患者さんの負担が少ない手術法など多くの治療オプションを用意しています。

神経因性膀胱の患者さんには原因の究明をはかることにより適切な薬剤治療及び排尿管理を行っています。
電気刺激療法は、難治性の過活動膀胱、夜尿症などに大きな効果を上げています。

腎盂、尿管、膀胱の結石に対しては、体にまったく傷をつけず、体外より衝撃波(ESWL)にて破砕する方法が主流です。
体外衝撃波治療が困難な場合でも、関連施設と連携して経皮的または経尿道的な内視鏡的治療など多くの治療オプションを用意しています。

中高年以降の男性では、男性更年期障害が注目されています。
性機能障害、EDの治療も含めて、総合的な治療をおこなっています。

男性不妊症に対しては産婦人科と連携して最新の補助生殖医療の一翼を担っています。

小児では夜尿症や包茎、陰嚢水腫、停留精巣、膀胱尿管逆流症、水腎症、尿道下裂などが主な対象です。

各種疾患において関連施設と密接な連携のもとに診療にあたります。

 

診療受付時間

■休診日・・・土曜午後・日曜・祝日・学会参加時の臨時休診
 ※新患は午前は11:30、午後は16時30分まで

 

クリニック概略・アクセス・地図

院長米納浩幸
診療科目泌尿器科・老年・腫瘍内科、一般内科
住所〒902-0062
沖縄県那覇市字松川20番1
TEL098-885-0333
FAX098-885-0323
駐車場完備
ホームページhttp://www.hillsgc.jp/

 

院長紹介

はじめての方へ

外来診療