• ホーム
  •  > 
  • 診療案内
  •  > 
  • 専門外来案内
  •  > 
  • 泌尿器科悪性腫瘍外来

専門外来案内

 

泌尿器科悪性腫瘍外来

泌尿器科では高齢の患者さんが多く、そのため悪性腫瘍(癌)の患者さんの割合が高いのが特徴です。
悪性腫瘍の診療においては癌そのものに対する治療および再発の予防と発見が主体となります。

前立腺癌

近年、前立腺癌の腫瘍マーカーであるPSA(prostate-specific antigen:前立腺特異抗原)の普及にともない、限局性前立腺癌の頻度が急激に上昇しています。
一方でそれら限局性前立腺癌に対する治療方法も、手術療法、放射線療法等多様化しており、よりきめ細かい診療体系が求められています。
前立腺癌に対し、各患者さんの個性を考慮した最適な治療を提供します。
前立腺癌治療の専門家としてセカンドオピニオンも提示します。

米納浩幸 前立腺癌における造骨性骨転移 ~成立・進展のメカニズムに立脚したビスホスホネート療法~

米納浩幸 川上理,佐藤威文,深貝隆志.座談会記録 前立腺癌におけるゾレドロン酸の役割と展望 -臨床的有効性の最大化に向けて-

腎癌

CTや腹部超音波検査等の普及により偶然に発見される腎細胞癌の割合が増えています。
腎細胞癌では有効な抗癌剤がないため手術療法が治療の主体となっています。
近年ではより侵襲性の低い腹腔鏡下での手術の有用性が注目を浴びており、保険適応となっています。
分子標的薬剤と言われる優れた薬の開発に伴い、転移を有する進行性腎癌でも腫瘍の縮小が期待でき、治療法として推奨されています。

膀胱癌

膀胱癌、特に表在性膀胱癌を経過観察するための外来です。
軟性膀胱鏡による検査が主体ですが、痛みが少ないように様々な配慮を行います。

精巣腫瘍

精巣腫瘍は若年者に発生するのは稀ですが重篤な疾患です。
シスプラチンと言われる優れた抗癌剤の開発に伴い、転移を有する進行性精巣腫瘍でも約70%の症例では完治が望めます。
しかしながら残りの30%の症例では難治性となることも多く、更なる治療成績の向上が望まれます。

 

院長紹介

はじめての方へ

外来診療