• ホーム
  • >
  • うきうき泌尿器科ブログ

久しぶりに泳がせ釣り

こんにちは(^^)/
副院長の前田です。

長かったゴールデンウィーク、
皆さんはいかがだったでしょうか?
私はゴールデンウィーク後半に
釣りに行く予定でしたが
西海岸は通してコンディション悪く
不完全燃焼に終わりました。

ゴールデンウィーク後の最初の週末は
海のコンディションが良かったため、
久しぶりに慶良間周辺まで泳がせ釣りに
行って来ました。
今回いつもの上原先生は
船の?免許更新の予約を入れているとのことで、
後輩のK先生と行って来ました。

夜明けとともに出船し最初はエサの
グルクンやオジサンを確保
数年前のゴールデンウィークに泳がせで
カンパチを釣ったポイントを攻めて見ました。
最初は20㎝弱のオジサンをエサに様子見たところ
30㎝程度のジセーミーバイがヒット。
自分の半分以上の大きさのエサにバイトしたことから
魚の活性は高いと判断し、その後はグルクンを
エサにしてみました。

グルクンを底に降ろしタナを切るとすぐに前アタリがあり
食い込んだもののすっぽ抜け。
再度グルクンを降ろし、しばらくするとまた前アタリがあり、
今度は本アタリで上手くフッキングしました。
引きは強烈でドラグも出ましたが最初のアタックをしのぎ、
その後は徐々に寄せてくることができました。
中層以降でも何度も首を振りながら抵抗しているので
カンパチではないかと期待が膨らみましたが
水面を割ったのは大きなオーマチでした。

船上での計測では手尺で1m軽く超えており
フィッシュグリップの秤でも10kg振り切っていました
(そのままではクーラーに入らず船上で
頭を落としたため正確な計測はしていません)。
その後もグルクンに対しての反応は高く
アタリは頻発したものの、
ファーストランを止めきれなかったり、
重りが着底した直後にアタリがあったりで、
いずれも根ずれでラインブレークして、
残念ながら2匹目をあげることはできませんでした。






<沖縄・泌尿器科ヒルズガーデンクリニック>


2019-06-06 09:47:25   コメント(0)

 

院長紹介

はじめての方へ

外来診療