• ホーム
  • >
  • うきうき泌尿器科ブログ

ビール腹はビールのせいじゃない

ビール腹はビールのせいじゃない

ビールをよく飲む中高年の男性と、そうでない人を比べても、腹囲に差はみられなかったことより、中高年男性にみられるぽっこりと出た「ビール腹」は、ビールを飲む量とは関係ないことが、滋賀医科大の調査でわかったそうです。

同大学などのグループは2005~08年、無作為で抽出した滋賀県草津市内の40~70歳代の男性1095人に面談し、飲酒量や腹囲などを調べました。
アルコールの総摂取量のうち、ビールが30%を超える「ビール党」(166人)の腹囲は平均85.3センチだったのに対し、日本酒などほかの酒を主に飲んだり、飲酒しなかったりする「非ビール党」(924人)は85.5センチで、0.2センチ大きかったそうです。
また年代別に見ると、50~60歳代ではビール党の腹囲が上回ったが、差は0.3~0.8センチしかなく、40歳代と70歳代では非ビール党が0.3~1.8センチ大きかったそうです。
日本酒などを含む飲酒の総量も、統計的に計算すると、腹囲とはあまり関係ありませんでした。
同グループでは、食べ過ぎと運動不足が「ビール腹」の原因と報告しています。

これって、中高年男性にみられるぽっこりと出たお腹を俗称で「ビール腹」と呼んでいたのであって、だれもビールのみが原因とは思っていなかったと思います。
世間一般で考えられている俗説に対し、ちゃんと統計を取って検証するという姿勢には脱帽です。

でも、自分が一番興味があるのは、なぜこの研究を始めたのかという動機ですね。


2011-10-20 07:35:52   コメント(0)

 

食事処 やま ゆし豆腐

食事処 やま ゆし豆腐

今日は、自分のお気に入りのお店を紹介したいと思います。



以前は喫茶店だったであろう建物・・・。
だけど黄色地に赤で大きくゆしどうふと書かれた看板。
クルマで走っていると奥まっているせいか目立たない。
外から見ると開いているのか閉っているのかもよく分からない何とも不気味な店(お店の人スミマセン)。
ゆしどうふの看板が気になり、入ってみると・・・。
店舗は2つの店がくっついてるって感じで、入って右手側によくある定食屋らしい座敷があり、
左奥にはスナックのようなスペースが残っています。
店内に入ると、外から見るより広いし、印象もいいんです。



これがメニューです。
自分はいつもアーサ入りゆし豆腐みそ味の単品とカツ丼またはオムライスを頼みます。
ここのオムライス、とっても素朴で懐かしい味がします。

でも、やっぱお勧めはゆし豆腐。
アーサ入りは50円アップです。
いっつもみそ味しか頼んだことがないんですが、今回メニューをよく見ると、味付けは【みそ、塩、なま】から選べるようです。
???
「なま」って何だ!?
味付け無しの「生」って事かなぁ?
何も付けずに味わうのもいいかもしれませんが、やっぱ味付がいい感じがします。



これが、持ち帰り用のアーサ入りゆし豆腐みそ味の単品とカツ丼です。
店内で食べる定食には「ゆしどうふ」、「おから」、「ごはん」、「たくあん」にふりかけの袋が添えられています。
ちなみに、ふりかけは「おとなのふりかけ」で毎回どの種類が出てくるかわかりません。

さて、ゆし豆腐の味の感想ですが、まいうー !!
ゆし豆腐とは、にがりを入れて固まりはじめた型に入れる前のふわふわした豆腐のことですが、この店のはざる豆腐に近い感じです。
食感はトロっと柔らかく濃厚な大豆の味が広がり、口の中でふわりと消えていきます。
味付けのみそ味も濃すぎず薄すぎずイイ感じ。
アーサとゆし豆腐との組み合わせがまたとても素晴らしい。

実家が豆腐店だけあって、添え物のおからも絶品です。
やまのおからは、しっとりと柔らかく、しかも熱々で、甘めの出汁がしっかり利いていて、うまい !!
感動します。

一度食べたらやめられない。


2011-10-19 07:56:20   コメント(0)

 

第17回伊平屋ムーンライトマラソン

第17回伊平屋ムーンライトマラソン

世界中には数多くの様々なマラソンがありますが、その中でも類をみない夜空、月を見ながら走る伊平屋ムーンライトマラソンが10月15日(土)に開催され、当院職員の若い方のKさん(もう一人のKさんすいません)がハーフマラソンの部に参加しました。



太陽が沈みかける午後5時にスタートし、マラソンの一番キツイ後半には満月の伴走や星の声援がありランナーを後押しするのだそうです。
その証拠に、この大会は男性より女性参加の比率が高い割に完走率も県内トップです。
伊平屋の月と星の力、原風景の伊平屋島の中を走るそれだけで贅沢な大会ですね。
でもなんといっても伊平屋んちゅのもてなしが最高なんだそうです。
前夜祭、後夜祭で盛り上がり、島の青年エイサーでまた盛り上がる。
それに加えて島特産の水割り、シークヮーサー割りの泡盛が飲み放題!!
沖縄そば、牛汁までもが食べ放題!!

参加しなかった自分にとってはただただうらやましい限りです。
Kさんに休みなんか上げるんじゃなかった(ウソです)。
自分が行けばよかった・・・

Kさんお土産ありがとう。
みんなでおいしく頂きました。


2011-10-18 07:33:26   コメント(0)

 

「サザエさん」にアニメ功労賞

「サザエさん」にアニメ功労賞

10日に行われた第10回東京アニメアワードで、「サザエさん」を第1回の放送から支え続けている4人の声優にアニメ功労賞が贈られました。

受賞したのは、サザエ役の加藤みどりさん(71)、波平役の永井一郎さん(80)、フネ役の麻生美代子さん(85)、タラちゃん役の貴家堂子さんです。

授賞式でのコメント
加藤さん
「45年というのは、すぐ目の前でございます。
50年というのは、ちょっと片目をつぶるかなー、という感じでございます。
とてもうれしゅうございます」
永井さん
「サザエさんが続くかぎり、日本は大丈夫だと思います」
麻生さん
「これからも、みんな仲良く、いくつになるまでできるかわかりませんが、100(歳)までは、やるつもりでおりますので」
貴家さん
「大変なんです、体力作りが。
これからも一生懸命やりたいと思っています」と語っていたそうです。

やっぱすごいのは、1969年に放送が始まってから42年、「サザエさん」は幅広い年代に親しまれ続けているとこですね。
でもなんと言っても「サザエさん」より波平の80歳とフネの85歳というのが驚きです。
自分も小さい時から見てましたが、ここまで高齢化しているとは・・・


2011-10-17 07:59:06   コメント(0)

 

ビタミンEのサプリメントで前立腺がんリスクが増加

ビタミンEのサプリメントで前立腺がんリスクが増加

ビタミンEのサプリメントの摂取と前立腺がんリスクの17%の上昇の間に強い相関性が見られたとする研究結果が米国医師会雑誌(JAMA)に発表されました。

2001年からセレンやビタミンEの摂取による前立腺がんの予防効果を調べる「Selenium and Vitamin E Cancer Prevention Trial (SELECT)」という大規模研究が行われていました。
これは、アメリカ国立がん研究所などの資金提供により、アメリカ、カナダ、プエルトリコの男性3万5000人以上を対象に行ったランダム化比較試験というものです。
この研究は、ブラジルナッツやマグロ、牛肉に含まれる微量ミネラルのセレンおよびビタミンEには前立腺がんリスクを下げる効果がありそうだとの研究報告に基づき計画されました。

具体的には、男性を「セレンを摂取する」「ビタミンEを毎日400国際単位摂取する」「両方摂取する」「プラシーボ(偽薬)を摂取する」の4グループに分けて追跡調査しました。
2008年に発表された中間報告によると、前立腺がんの発症はビタミンEを摂取したグループでやや多かったが、統計的に有意な差ではなかったそうです。
ただしその後、ビタミンEによる前立腺がんリスクが統計的に有意な域に近づいていったため、SELECTは2008年に中止されました。

今年7月にまとめられた10年間の追跡調査の結果、前立腺がんを発症したのはビタミンEのグループで620人と、突出して多かったのです。
この間の発症者はセレンだけを摂取したグループで575人、セレンとビタミンEの両方を摂取したグループで555人、プラシーボを摂取したグループで529人でした。

この研究では、ビタミンEが前立腺がんリスクを押し上げる生物学的な理由は不明だとしながらも、ビタミンEサプリメントのこうした効果は摂取をやめたあとも継続する可能性があると注意を促しています。

この結果がそのままに日本人にあてはまるかどうか分かりませんが、安易にサプリメント(特に脂溶性のビタミンなど)を摂取しない方がいいかもしれませんね。


2011-10-14 07:50:12   コメント(0)

 
[1] << Previous 151 |  152 |  153 |  154 |  155 |  156 |  157 |  158 Next >> [158]

院長紹介

はじめての方へ

外来診療